安達太良レースの裏側。

もうひとつの安達太良物語♪

鬼面山では、4位通過。
安達太良連峰の最高峰、箕輪山付近では2位に浮上。

山中にボランティアスタッフで入っている、ふくしまトレイルランニングクラブの仲間が次々にkakoの動きを私に連絡をくれ教えてくれる。

最後のエイドステーション手前で、はじめてkakoと合流。

疲弊仕切った表情の中に、mafuにーちゃんサプライズの登場に、笑顔を見せ、ガッチリ握手を交わす。

なんと!トップと5分差まで迫る。

塩沢スキー場の馬返しでトップとすれ違い、ラストの追い込みの“魔法の言葉”を優しく掛ける。

ボクが8月にチャレンジした“1Day安達太良連峰FKT75km”とは、お互いにまったく逆の立場に。

声を掛ける側と、声を掛けられる側。
励ます側と、励まされる側。

やっぱり、安達太良連峰は、ボクに語りかけてくれる。母なるマウンテン。

kakoと世界選手権前に、はじめて合同トレーニングを行ったのもこの安達太良連峰。

ボクらの今年の夏は、安達太良山ではじまって、安達太良山で終わった。

今年は、ボクら二人、安達太良連峰と過ごした、本当に大きな大きな夏だった。

来夏、ボクら二人が、全国のトレイルランニング・スカイランニング仲間を呼び集め、安達太良連峰をナビゲートするツアーを実施します!

みんな!ふくしまに!安達太良連峰に来てよ!
山も♪温泉も♪食も♪酒も♪人情も♪
最高の時間が、待っています(^ー^)v

*photo by NAGASE yuji*
ふくしまトレイルランニングクラブ

※ひとりの迷カメラマンが(笑)
mafu&kakoを追いかけて来てくれました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 + seven =