--MTB1day_trip_2018--☆

『福の島Journeyman』
 --MTB1day_trip_2018--☆
本日は、息子があづま運動公園で練習会とあり、ただの送迎だけでは、モノ足りないわけで(笑)
パパ自身もトレーニング要素を含んだ、何か面白いことが出来ないか考えました。
MTBで、新白河をam4:30にスタート。
R4号線をひたすら進み、大玉村から安達太良の麓、岳温泉を経由して、福島市のR115号:道の駅土湯で、2時間後に車で追い掛けて来たmafu-Familyがやってきて、小休止(朝食)。
そこからは、R115号を猪苗代湖方面にヒルクライムし、土湯温泉郷(幕川温泉・赤湯温泉・鷲倉温泉ets.)からは、山岳区間が本格化。
磐梯吾妻スカイラインの標高1,400m~1,600m地帯をヒルクライムです。
11:30には、息子の福島練習会が終わることから、タイムを気にしながら、ヒルクライムするも、、、自走100kmを超えた後のヒルクライムは、ヒーヒーバクバク、ピクピク笑v
ようやく浄土平(吾妻小富士)に到着し、ここからは、イッキにダウンヒル!
時速50kmを超えるスピードで、高湯温泉の硫黄香プンプンの温泉街をノンストップで駆け抜け、イッキにあづま運動公園まで、ハンドルを握りました(^ー^)v
ゴールには、練習を終えた、真っ黒に日焼けした長男と家族。
さらには、福島市で生活していた際のトレーニングパートナーでもあり、当時のトレーニングアドバイザーのTanG兄~ちゃんが待っていてくれました(^ー^)v
彼とは、この夏場の時期、涼を求めて、福島市内から高湯温泉までのイッキ登り走とイッキダウン走の夜間走をともにトレーニングした思い出が蘇り、目頭がアツくなりました(^ー^)♪
お互いに家族・子育て真っ盛りの身。
あの日のように、温泉入って、マッサージ大会とは行きませんで、思い出話の途中で、解散(^ー^)。
130km、7時間。MTBの旅道。
トレイルランニングとはまた違った、福島県のマウンテンフィールドの魅力を肌で感じることが出来ました。
自宅に帰り、息子と地図を広げて、パパがMTBで駈けたルート、そして、息子の練習報告のキャッチボールが、明日への活力。
今週いっぱいで、小学校は1学期も終業。
パパも、仕事に精が出ます(´▽`)v
夏本番は、これからだ!!!♪
あっ! 1枚目のphoto☆自撮りっす(^ー^)v
#timetoplay #suunto #zerofit #Salomon
#salomonrunning #formthotics


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × 4 =