一本の電話

夏日。
朝から暑い一日でした。

第2ステージとなる平田村。
ジュピアランドひたら。

夕暮れ時の帰り道。
平田村ゆかりの大企業から一本の電話をいただきました。

20年数前から、この大企業と平田村との関係は、重々承知していたが、いま、ここで交わるとは。

感動の瞬間。

ボクの興味、趣向、想い入れが20数年の月日を超えて、いま、ここで交わること。

オールふくしま。
福島発の企業と組むそのイズム。

ひとり勝ちはいまの世の中、このご時世、ありえない。

組むチカラで持続性あるハッピー福島を創っていけたら楽しいよね!

政治家でもない、偉くもない、ボクがいま、福島県で取り組むこと。
そこにはリアリティ本物の想いがある。

時々、不安になるけど、こう言った一本の電話は、やってること間違っていないよね、ブレてないよね、大丈夫だよね、発想、勘感、アイデアあってたよね、

って、ホント励みになります。
涙でるほどまじで(^ー^)

近々、良い報告、発表ができるよう、ひたすら駈け続けます。

吉報は駈けて待て。

平田大会、午前のキッズ、午後の駅伝、参加者募集中!

○キッズ大会

https://moshicom.com/70281/

○ミニトレイル駅伝大会

https://moshicom.com/70285/

学年部門によっては、早目に締め切りになる場合もあり得ますので、よろしくお願いいたします☆

#第2戦_平田村ジュピアランドひらた大会
#ふくしまキッズトレイルラン大会
#2時間耐久ミニトレイル駅伝大会
#ひとつひとつ実現するふくしま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 12 =