協賛企業[株式会社カタノ:白河市]ふくしまキッズトレイルラン大会

おかげさまで、県内外の多くの企業様より、ご協賛のお力添えをいただいております。
こちらでは、随時、スポンサー企業様をご紹介いたします。

東北の玄関口「福島県白河市」

この度、2022年度シリーズ戦(第1ステージ会津・第2ステージ中通り・第3ステージ浜通り)の総合表彰において、「株式会社カタノ」様からご協賛をいただく運びとなりました。

株式会社カタノは、東北の玄関口、白河市で肥料農薬販売や米穀集荷業を中心とした「アグリ事業」と乾麺販売業を中心とした「ギフト事業」を展開されています。そのルーツは古く「城下町しらかわ」で商いが始まったのは、江戸時代後期1815年(文化十二年)と記されているそうです。

総合入賞者に「パスタ=そば?大豆?」をプレゼント☆

第3ステージ浜通り(広野町)二ツ沼総合公園大会を終えますと、年度末(2月~3月)には総合入賞者を大会ホームページにて発表いたします。

8部門:1~3位までが総合表彰の対象者(合計24名分)

①未就学男児+保護者の部

②未就学女児+保護者の部

③小学1・2年生男子の部

④小学1・2年生女子の部

⑤小学3・4年生男子の部

⑥小学3・4年生女子の部

⑦小学5・6年生男子の部

⑧小学5・6年生女子の部

以上の部門において、総合1~3位に輝いた表彰対象者には、看板商品の[そばパスタ&BEAN PASTA]を贈呈いたします。

白河の新たな商品「そばパスタ」

そばパスタってナニモノ???

見た目は「そば」だけど、食べ方は「パスタ」です。

東北の玄関口、白河の地において、江戸時代より作付を奨励されてきたのが「そば(蕎麦)」であります。

*そばパスタPV*

2022年1月に行われた福島県産品の品評会「ふくしま満天堂2021」においては、最高賞「グランプリ」を受賞しています。

農業従事者の高齢化に伴い増えてきている耕作放棄地を農地として再生し、収穫した玄蕎麦をブレンドして作られた「そばパスタ」。

片野社長の地元愛、地域課題にも目を向けた、地域振興あふれる一品です。

※写真=公式HPより

BEAN PASTAもセットで☆

大豆粉がブレンドされたコシがありモチモチとした食感の「BEAN PASTA」もセットで贈呈となります。

※写真=公式HPより

公式ホームページより抜粋
通常のパスタよりたんぱく質が約30%、食物繊維が約50%高く、糖質が約15%低い特徴があります。
※通常のパスタとしての基準は、日本食品標準成分表2015年版を参照

株式会社カタノ様、お力添えを心より感謝申し上げます。

Mt.mafu projectは、ふくしまキッズトレイルラン大会を通じて、広域的"ふくしま"にまつわる食文化を、子どもたちが関心を持てるよう、そのきっかけ作りに全力で取り組んで参ります。

※SOBAパスタ・BEANパスタのレシピは、ホームページに盛りだくさん掲載されていますよー!♪

〇株式会社カタノ
https://katano.shopinfo.jp/

〇大会ホームページ
https://mt-mafu.com/trail/

2022.5.8 第1ステージ会津(下郷町)観音沼森林公園大会(終了)
2022.9.18 第2ステージ中通り(平田村)ジュピアランドひらた大会(終了)
2023.1 .9 第3ステージ浜通り(広野町)二ツ沼総合公園大会

◎午前のキッズ(広野大会)のエントリーは、こちらから。
https://moshicom.com/76632/

◎午後の駅伝(広野大会)のエントリーは、こちらから。
https://moshicom.com/76818/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 + 1 =