ターニングポイント。

ターニングポイントの今。
【いま求む??!】
※この雑誌は、2012年の記事です。
2011年に御縁に御縁が重なり、フォード:エクスプローラに乗らせていただくこととなりました。
当時は、東日本大震災の直後。
福島県への思い入れも強くなり、大会でもFukushimaから来ましたー!って言って優勝もしました。
32歳の当時は、アメリカン・左ハンドルにも大いに憧れ(笑)
このエクスプローラと、全国各地のトレイルランニングレースに出向きました。
あれから丸9年。
ボクのエクスプローラは、総走行距離は20万kmを超えました。
supported by FORDも、振り返れば2016年には日本市場からの撤退となったフォード社。
今月、車検に出したら、ブレーキ関連部品の劣化があり、余儀なく部品交換の流れ。
ここまでは、想定内。
しかし、、この部品がアメリカから入って来るのが未定とのこと。
コロナ禍の影響で。
年内?三ヶ月後?半年後?
いつになるか分からない。
そうこうしているうちに、車検切れ。
車修理工場で眠っています。
いつになるか分からない。
色々と考えることも膨らみます。
先日の息子たちの遠征は、ママの軽カーでバイクまで積み込んでの遠征。
これはこれで、ギュっとコンパクトに家族和気あいあいで楽しかったが、、、(^_^)!
ターニングポイントだなと。
これから息子たちの遠征も増え、もちろん私のマウンテンスポーツ活動もエンドレスに継続性あるわけで。
新しいカタチ。
Mt.mafuプロジェクトの新しいカタチがはじまるターニングポイントだなと。思うわけで。
そこで!
新しいコラボレートも色々考えています。
楽しいこと。
双方がWIN WINでHappyなことを。
スポンサー企業の名入れラッピングカーもあり?
あらたなコラボレート企画もあり?
と言うことで!
Mt.mafuプロジェクトとの"車"にまつわるコラボレート企画にご興味がある、企業様、ご一報ください。
御社×Mt.mafu projectの新しいカタチを企てることが出来ればと存じます。
パパは、トレイルランニング!
子どもたちは、トライアスロン!
これから、まだまだ益々☆
全国各地を縦横無尽に、御社×Mt.mafuのラッピングカーで駆け回りますよ(^_^)
※この雑誌の2012年のインタビュー記事を読み返すと深い言葉が。
writer:KeisukeKawanishi
photo:DaijiroKoori
『僕はサラリーマンアスリートですから"引退"はありません。自分が楽しめる限り。もちろん結果も大事だけど、それ以上に新しいトレイルに出会えるのが楽しみなんです。by 32歳のmafu』
Trail Run × Ford-Explorerより
2012.9月 mafu-blog_山と魂
【いま求む☆】
車 × Mt.mafu projectにご興味があるアナタさま(^_^)♪
ともに人生は、ストーリーに満ち(道)溢れている。
今までにないカタチを、いまだかつてないカタチを共に創れたらと存じます。
#スポンサー募集中


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 2 =