ロード to

どんなに厚い曇り空でも、裏側は青空。

約1kmの直線でダッシュ。
パパは距離走を終えて。
カッツはラジオ体操を終えて。

ゴールは見えている。
スピードは違っても必ずたどり着く。

永遠に続く道はない。必ずゴールはある。

楽しい時間、苦しい時間も必ずゴールはある。

だから、今、目の前の道を振り返らず全力で。
一歩一歩、大切に。

この目の前の道を進めば、どこへでも行ける。
どこにでもつながっている。
ビクトリーロード☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

17 − seventeen =