福島を創るseries①『福島アパレル×Mt.mafu』

おかげさまで、ふくしまキッズトレイルラン大会を開催するにあたり、県内外の多くの企業様より、ご協賛のお力添えをいただいております。
こちらでは、随時、スポンサー企業様をご紹介いたします。

本日、お知らせする協賛企業様は...♪

福島アパレル

服で福島を発信。
福島っていいとこだべした!

そんな福島愛あふれるコンセプトのもと、
立ち上がったアパレルブランドが「福島アパレル

福島弁や福島にまつわるものをデザインし、Tシャツなど衣料を製作しているブランドです。

いわゆるそれは「一目惚れ」だった。

mafuと福島アパレル、その出逢いは、偶然だった。
いや、偶然なんてない。必然的だったのだ!笑

福島アパレルのその展開に、同じ福島愛を感じたのだ。

その存在を知った僕は、ものすごーく長文で情熱的な、想いを綴ってアプローチをしました。
それは、もう一生書くことはないであろうと思っていた、ラブレター。
十数年ぶりに書いたラブレターだったのかもしれない。

返信をいただき、前向きに検討してくださっている内容を目にしたとき、あの瞬間のココロのガッツポーズは、甲子園出場?ワールドチャンピオンシップ出場を決めた!?くらいに心躍った瞬間でした。

THE ふくしま!

福島愛あふれる展開のひとつで、ホント素敵だなぁと思うのが、こちらです♪

福島県を型どったアクリルキーホルダー
色ごとに福島の方言が違うので、おもしろいですね!

「んだ!んだ!」「さすけね」「こらんしょ」
「したっけ」「おだってる」

福島県の皆さんは、使ってますか?耳にしたことありますか?

3地方(浜通り・中通り・会津)と広域的な福島県。
方言も文化も人情も、その地方によって、まったく異なります。

ちなみに、福島アパレルデザイナー Udさんは、福島市出身。
ボクmafuは、西郷村生まれ白河市在住。

同じ「中通り」地方のくくりでも、耳にする方言は、異なるんですよね。

我が家にやってきたキーホルダーは『したっけ』
使う場面としては『そしたら〜』の意味で使われますね! 

mafuの住まう地域では、「そしたっけ~」と言ったように「そ」を添えた使われ方かな♪

ゼッケン(ナンバーカード)を手掛けていただきます

今回、福島アパレル様には、『ふくしまキッズトレイルラン大会』並びに、『ふくしまミニトレイル駅伝』の参加者が前面に着用する「ゼッケン(ナンバーカード)」のデザインを手掛けていただきます。

当大会は、ただ単に、番号が印字されているだけのゼッケンでは、ありません☆

大会を終えて、家に帰ってからも、その余韻にひたれるような...
この大会への旅が、ご家族、お仲間の思い出にカタチとして残るような...
「ふくしま」がたっぷり詰まった、そんなゼッケンを作れたら。

参加者の皆さまには「ふくしま愛」あふれる「ゼッケン」をご準備いたします!

"ふくしま" 愛あふれる "ゼッケン"を♪

今回は、福島を創るシリーズ①
これから、ゼッケンが出来上がっていく様子、デザイナー Ud×Mt.mafuのワクワク感を、少しずつアップして行きたいと思っています。

福島アパレル

福島アパレルのネットショップに訪れていただきありがとうございます。=====================服で福島を発信。福島っていいとこだべした!福島弁や…

福島アパレル 様、お力添えを心より感謝申し上げます。

◎大会ホームページ
https://mt-mafu.com/trail/

◎キッズのエントリーは、こちらから。
https://moshicom.com/63802/

◎午後の駅伝のエントリーは、こちらから。
https://moshicom.com/64445/

福島を創るseries①『福島アパレル×Mt.mafu』” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − 18 =