協賛企業[kome-kami☆株式会社ペーパル]ふくしまキッズトレイルラン大会

おかげさまで、県内外の多くの企業様より、ご協賛のお力添えをいただいております。
こちらでは、随時、スポンサー企業様をご紹介いたします。

株式会社ペーパル

明治23年に紙伝来の地、奈良で創業して以来、紙の販売やSDGsな商品の開発を通じて日本の紙文化を支えている 「株式会社ペーパル」様から、ご協賛をいただくことが決定いたしました。

『ふくしまキッズトレイルラン大会・ふくしまミニトレイル駅伝大会2022』下郷大会において、参加者の皆さまへ大会当日、受付にてお配りする「プログラム」用紙をご協賛いただく運びとなりました。

kome-kami ☆ 米紙

紙の新素材「kome-kami」は、食べられなくなった「お米」を活用して作られた紙です。

参考Webサイト

kome-kami 商品ページ

写真=公式サイト(プレスリリースより)

お米で出来た下郷大会プログラム!
紙そのもののもつ豊かな風合いと、お米の質感、そのチカラを実際に手にして大いに感じていただければ幸いです。

第1ステージ下郷大会のプログラムは...♪

こんな感じで♪ にぎやかですよ♪♪♪

Design:Mt-mafuデザイン部

株式会社ペーパルが掲げるSDGsの取り組み

SDGsな商品の開発をする社内プロジェクトを2020年に立ち上げ、食品ロスを価値あるものにチェンジする紙、名付けて「フードロスペーパー」やその他の素材を世の中に広め、食品ロスを完全になくすことを最終目標とした取り組みを行っています。その取り組みの最初の製品として1年以上かけて開発したものが、kome-kami(コメカミ)。

実は江戸時代までは余ったお米を紙の原料として使われていました。
そのような先人の知恵を、新しい技術再発明させた紙と言えます。
kome-kami(コメカミ)は売上の1%をフードバンクに寄付することでフードロス削減を応援しています。

これまで廃棄されてきたお米や非食用米を活用してできたフードロスペーパー、その名は「kome-kami」(コメカミ)です。

株式会社ペーパル」様お力添えを心より感謝申し上げます。

◎大会ホームページ
https://mt-mafu.com/trail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 3 =