協賛企業[合同会社ねっか 奥会津蒸留所]ふくしまキッズトレイルラン大会

おかげさまで、県内外の多くの企業様より、ご協賛のお力添えをいただいております。
こちらでは、随時、スポンサー企業様をご紹介いたします。

只見生まれの米焼酎「ねっか」

この度、南会津郡只見町の地で米焼酎を造る「合同会社ねっか」様から、ご協賛をいただくことが決定いたしました。

『ふくしまキッズトレイルラン大会・ふくしまミニトレイル駅伝大会』2022年度の3大会(下郷大会・平田大会・広野大会)において、大人の部門:入賞賞品として、ご協賛いただく運びとなりました。

「奥会津」福島県南会津郡只見町

只見町(ただみまち)は、福島県の西南、新潟県との県境に位置する日本有数の豪雪地帯。
伊南川や只見川の清らかな流れと、豊かな森林資源に恵まれたフィールドです。

只見町インフォメーションセンターHP

2016年に設立された「ねっか」は、IWSC(2017)インターナショナル・ワイン&スピリッツコンペディション(イギリス)において、シルバーメダルを受賞したことを皮切りに、毎年の様にワールドワイドに数々のタイトルを受賞しております。2021年には、FUKUSHIMA NEXT「福島県知事賞」、2022年ふくしまベンチャーアワード「優秀賞」を受賞するなど、その存在感は、代表を務める脇坂斉弘さんの想いとともに加速し、いまや福島県を代表する酒造り企業として名を連ねております。
(※受賞歴一覧参照)

写真=ねっかHPより

そのイズムは、日本一小さな蒸留所として、100%只見米のみを使用し、蔵人たち自ら、先祖伝来の土地で丁寧に米を育て、「私たちの故郷がいつまでも故郷であり続けますように」との深い祈りを込めながら、森から湧き出づる水で仕込みを行っています。

※ねっか公式ホームページ参照

what's!? ねっか? NEKKA?

公式HPによると...

只⾒町や南会津南郷地域で使⽤する⽅⾔。
「ねっかさすけねぇー」など、「まったく」「ぜんぜん」を意味し、胸の内を強調するときに使⽤する⾔葉だそうです。

可能性を否定せず前向きな気持ちでものごとをとらえること。

ねっかさすけねぇー(No problem at all)」の精神を表す!

なんて、素敵なポジティブな言葉☆☆☆

新商品☆焼酎ハイボール「ねっかHI」

ねっか様には、大人の部門:入賞賞品として、ご協賛をいただきますが、その賞品がこちら♪

写真=公式HPより

もっと手軽に米焼酎ねっかを楽しんでもらおうと開発され一品。
2022年3月に発売されたばかりの「ねっかHI

330ml瓶の低アルコール(8%)焼酎ハイボールです。
公式HPのお写真からもビンビン伝わってくるように、これからの季節には持って来い!
キンキンに冷やして、瓶のままでも、すぐに楽しめますね♪
カットレモンやカットライムなどを挿す飲み方もおススメとのことです。

大人のみなさん☆楽しみですねーーー!
入賞めざして、楽しくがんばってください♪

合同会社ねっか 奥会津蒸留所様、お力添えを心より感謝申し上げます。
https://nekka.jp/feature/nekkahi.html

私どもMt.mafu projectも、「ふくしまキッズトレイルラン大会・2時間耐久ミニトレイル駅伝大会」を通して、福島発企業の取り組み、また、ねっかの語源でもある、可能性を否定せず前向きな気持ちでものごとをとらえ「ねっかさすけねぇー(No problem at all)」の精神を抱くことが、人生を豊かに導いてくれるであろうことを、参加者の皆さまにもお伝えすることが出来ればと存じます。

◎大会ホームページ
https://mt-mafu.com/trail/

〇2022/5/8
第1ステージ会津(下郷町)観音沼森林公園大会

〇2022/9/18
第2ステージ中通り(平田村)ジュピアランドひらた大会

〇2023/1/9
第3ステージ浜通り(広野町)二ツ沼総合公園大会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven + nine =