その道は氷点下からわかるもの

氷点下9℃の朝。
底冷えだからこそ…
様々なモノコトヒトへの
アリガタミがマシマシで感じました。
この季節。この時間。
ランニングの練習でもない。
スポーツのためでもない。
底冷えで手先、足先の感覚が薄れ、おぼつかなくなり、どう踏ん張るのか。
感覚を呼び起こす信号を発するこの感覚。
自分の人生のための時間。
生きるをどう活かすかを感ずる時。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 + seven =