協賛企業[浅野撚糸株式会社*ダキシメテフタバ]ふくしまキッズトレイルラン大会

おかげさまで、県内外の多くの企業様より、ご協賛のお力添えをいただいております。
こちらでは、随時、スポンサー企業様をご紹介いたします。

浅野撚糸株式会社

この度、岐阜県安八郡安八町本社を置く、創業1967年 撚糸製造・タオル販売を手掛ける「浅野撚糸株式会社」様から、『ふくしまキッズトレイルラン大会・ふくしまミニトレイル駅伝大会』2022年度の3大会において、各部門の優勝者へ贈呈する「優勝記念タオル(ダキシメテフタバ)」をご協賛いただくことが決定いたしました。

ダキシメテフタバとは...

2020年4月11日に福島県双葉郡双葉町と浅野撚糸株式会社が共同開発したタオルです!

◉詳しくは公式HP(ダキシメテフタバ)から♪

メディアでも大きく報じていることから、既にご存知の方もおられると思いますが、福島県双葉町中野地区の復興産業拠点(※)に、2022年度中[完成・稼動(予定)]となる、福島工場「フタバスーパーゼロミル(仮称)」

双葉町の復興から次への発展を担う一翼として、浅野撚糸双葉スーパーゼロミルを稼動させ、双葉町を代表する糸やタオル製品を日本だけでなく世界に発信して行こう!と言ったコンセプトのもと動き出しています。

中野地区復興産業拠点
双葉町内における復興拠点の⼀つとして、避難指⽰解除準備区域である中野地区に、町復興の先駆けとなる「働く拠点」を整備するフィールド。

吸水力抜群な魔法のタオル「エアーかおる」

3大会において、各部門の優勝者へ贈呈する「優勝記念タオル(ダキシメテフタバ)」をご協賛いただく運びとなりました。

・フタバサクラ:双葉町の桜が綺麗だったときのピンク

・フタバマリーン:双葉町の海が綺麗な海100選にも選ばれたブルー

・フタバグリーン:双葉高校がかつて甲子園に出場したときのユニフォームカラー

午前の部:各部門「ふくしまキッズトレイルラン大会2022 優勝」

〇午後の部:各部門「ふくしまミニトレイル駅伝大会2022 優勝」

なんと☆タオルには、優勝の刺繡入りです!!!

福島県3地方(会津・中通り・浜通り)で開催となる今大会。

・第1戦 5/8 南会津郡下郷町(観音沼森林公園大会)
・第2戦 9/19 石川郡平田村(ジュピアランドひらた大会)
・第3戦 2023/1 双葉郡広野町(二ツ沼総合公園大会)

浅野撚糸株式会社福島工場は、浜通りに位置し、第3戦目となる双葉郡広野町とは同じ相双地区となります。

東日本大震災と原発事故により、双葉町は帰還困難区域となりました。
この帰還困難区域のうち特定復興再生拠点区域(復興拠点)においては、今春から順次避難指示が解除される予定で動き出しています。双葉町は、6月の避難指示解除を目指し、住環境やインフラ整備が急ピッチで進められています。
(2022年3月現在)詳細情報:福島民報より

私どもMt.mafu projectも「ふくしまキッズトレイルラン大会・ふくしまミニトレイル駅伝大会」を通して、福島県を盛り上げたい、そして今なお、帰還困難区域が残る相双地区を盛り上げたい気持ちは同然であります。

浅野撚糸株式会社様、お力添えを心より感謝申し上げます。

◎大会ホームページ
https://mt-mafu.com/trail/

◎キッズのエントリーは、こちらから。
https://moshicom.com/63802/

◎午後の駅伝のエントリーは、こちらから。
https://moshicom.com/64445/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

6 + 12 =