チームmafu

【チームmafu】
1Day安達太良連峰チャレンジ

安達太良連峰を取り巻く大小すべての登山口(9つ)を一筆書きで太陽と追い駆けっこする遊び。

そんな大人の本気の遊びに、乗っかってくれた仲間たち。

▼アスリートカム・デザイナー:Keisuke ICHINOSE
▼チームSalomonマネージャー:NAKAMURA
▼映像班サブカメラマン:Tomokazu Sato
▼SKY-Runner/マネージャー:KAKO Ikeda

TomokazuとKAKOは、同じ福島県人。大学生。

mafuイズムを継承するかのごとく、福島の大自然が大好きだ。
ボクと彼らの年齢は、約半分。
37歳の大人が本気で、フラフラになるまで、汗と涙を流しながら、遊ぶ姿は、彼、彼女の目には、どう写ったか。

アソビコソモノノジョウズナレ。

今の若者は元気がない?!
そんなことはない。

それは、大人(オレ)次第。

大人(オレ)が楽しいことをやっていれば、やってみたくなる。
ワクワクする。ドキドキする。
この人に、ずっと、付いていきたくなる。

そして、その姿をまた次の世代がマネをする。
その繰り返しが、楽しみの “ゆずり葉”だ。

“Time to Play” 夏の日の2016。
ボクの37歳の夏。真夏の挑戦をココロから支えてくれて本当にありがとう。

キミたちにも、一生忘れられない、夏の思い出を作ってやったぞ!

さぁ♪ 遊びは無限大、永遠だ。
“Time to Play”【チームmafu】次の遊びを考えよう。

次は、何してあそぼっか?
企画、アイデアは、いくらでも出てくるんだなぁ(笑)

※チームmafuは、このチャレンジを応援してくれた人、山に足を運んでくれた人、PCの前で、GPSデータを追いながら応援してくれた人、この挑戦に少しでも興味を持ってくれた人、全員がチームmafu☆

オレ、幸せモノです。

#takamichimafunefkt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − 8 =