フンズケラレテも!

とにかく“優勝カップ”がデカい☆

『みんなにフンズケラレタけど…
 最後まであきらめなくて良かった!』

ゴール直後、そして帰り道の車中、温泉に入ってるときも、何度も何度も息子から出てきた言葉。

スタートしてすぐ、前に入り込んだ女の子が転倒。
それを避けようとしたところ、、
後ろからドンっと!
カッツが吹っ飛ばされ!

130名の大群は容赦なく…
慌てて、私もしゃがみ込みカッツに覆い被さるも、お父様たちの容赦ない膝蹴りを右ホホに食らい、頭に星が回る(笑汗)

手、足を踏まれ…
その後も立ち上がろうとするもキックの嵐。

ホトボリが冷め、カッツを抱きしめる。
一瞬の出来事が長い長い。

父『大丈夫か?どうする?』
子『行く!』
そんな会話をした時には、すでに人ごみをかき分けて走り出していました。

息子が違和感なく走っている姿に骨折などの可能性がないことを確信。すり傷だらけ(笑汗)
とにかく2人で必至に前を追ってみる。
右へ行ったり、左へ行ったり、車道脇のボコボコ道から回り込んだり。

カッツの得意な登り基調だったこともあり、折り返し手前では、なんと100人以上抜いて、先導の白バイの赤色灯が見える位置に。

ここまで、タイムロスをしながら前半1km4分30秒!
折り返しコーンを回って、さすがにここまで全力で上がってきて、暑さもムシムシで、後半落ち込むかと思い、ちょっとペースを落としたら、、もうひとギア入り、私の前に出ようと、煽られる(笑)

そこから、一気にトップに躍り出ると、白バイにピタリと追いついてしまい、慌てて白バイ隊員が加速(笑)

後半1kmは、下り坂基調なので3分30秒までアップ!
気づけば2位以下に10秒差つけて、2km8分01秒で優勝ゴールでした☆


今回も掛け替えのない時間を過ごせました。

優勝カップは、オマケ(^ー^)
もちろん、一位になれたことは、とてもうれしい。

子に教えられたこと。
忘れかけていたこと。
とにかく最後まであきらめないこと。

『みんなにフンズケラレタけど…
 最後まであきらめなくて良かった!』
ゴール直後、そして帰り道の車中、温泉で何度も何度も息子から出てきた言葉。

長い人生、フンズケラレルこともたくさんある。
立ち上がろうとしたところ、また踏み蹴られることもある。
けど、最後まであきらめないこと。

最高の“父の日”をありがとう!!!
とにかく、、親バカ?バカ親です(笑)

明日の福島民友新聞には顔写真入りで♪

※ゴール後すぐに、キズの手当てをしてくださった喜多方消防署のみなさん、事務局スタッフのみなさん、本当にありがとうございました!

41年の歴史あるすばらしい大会です(^ー^)
福島県西会津町。
奥川健康マラソン大会☆

フンズケラレテも!” に対して4件のコメントがあります。

  1. ミッキー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    カッツ君の強い心が素敵です!
    そして駿足。。。パパ譲りですね。
    将来が楽しみです。
    父の日に最高の思い出ですね☆

  2. +mafu+ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ミッキーさん
    ありがとうございます☆☆☆
    また、新しいスタート!がんばります。
    一生忘れられない日になりました♪

  3. くりいむ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    子供には大人にはないスゴイ力がありますね(^^)v

  4. +mafu+ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >くりいむさん
    子どもには大きな大きな可能性がありますね!
    大人になると忘れてしまう大切なこと。
    気づかされたこともたくさんありました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − thirteen =