優勝☆親子

栃木県(那珂川町 馬頭)へ遠征
久しぶりの親子マラソン。
2.5km  “優勝” をいただきました☆☆☆
スタートして、2人で飛び出し、先導車のすぐ後ろを私が位置取り。
はじめの1kmは、下り坂基調とあり3分28秒ぐらい。振り返ると、長男カッツと地元のサッカーチームの少年数名。
お父さんたちの姿は、遠くに遠くに小さく見える、、、。
今日は、親子マラソンだよね?!と自問自答。
はい。地元のサッカー少年たちは、お父さんを振り切って、私たち親子のペースにピタリとついて来るではないですか…汗笑
沿道の声援も、地元のサッカー少年たちを名前で応援するとともに、もう親子部門であることを忘れ、雰囲気は、まるで招待選手が少年たちを先導しているかのような空間に。。。
『大きなお兄さんについて行けー!』
と沿道からの声援(笑)
後半1.5kmは、アップダウンが激しく登り坂基調。前半のハイペースから、一人一人脱落。
最後は、一人、お父さんを振り切って走る、地元のサッカー少年とカッツは、競り合いながら、抜きつ抜かれつのデッドヒート。
さすが、サッカー少年は、勝負感の駆け引きが上手いようで、息子も今までにない、長丁場のデッドヒートを経験しました。
チラリと後方を見ると、長男カッツなりにタイミングを見計らっていたようで、ラスト200m付近の交差点を右折する登り坂で、スパート。
一気に後続を振り切り、グランドに入るころには、ピタリと私の横に独走。
“水泳+ランニング+TRAIL”で複合的に鍛えていることから、総合的なスタミナは身に付いてきましたね。
平せば、後半の登り坂基調のコースで、ペースダウンを余儀なくされても、平均キロ4分はキープして、10分ジャストでゴールイン。
おかげさまで、1番でゴールテープを切ることが出来ました(^ー^)☆
先日の東京遠征アクアスロンでは、わずか3秒で涙を飲んだので、今回は、最後まで気を抜かずに、1秒を大切にした、食らい付く走りをしているのが、後方から伝わってきました。
夕方は、プールでカラダをほぐし、ジャグジーで色々と話しましたが、子ども10歳なりに、アスリートのような感覚、緊張感と達成感、考えも大人になってきているのには、親バカながら刺激を受けました。
負けを知って、得た、今回の優勝。
少年期におけるスポーツライフ。
カラダ(肉体)だけではなく、ココロも、ココロ(精神力)こそ成長して欲しい。
昨日の学校行事、二分の一成人式では、校長先生から、優勝したら、全校児童朝会で表彰するから頑張れ!と励まされたこともあり、気合いが入っていたようです。
明日は、デッカイ優勝盾と、賞状を持って登校。校長先生にご報告ですね(^ー^)v
よし!パパも、職場の理事長と院長と事務長にご報告です笑笑笑v
二分の一成人式。男10歳。
良い思い出になったことでしょう。
節目節目での勝負強さと引きヂカラは、
mafu(パパ)譲りです笑☆
20歳まで、あと10年。
親バカながら、長男が抱く夢に向かって、息子のために、二人三脚で、全力で歩みます走ります育みます(^ー^)♪
久々の先導車の真後ろ先頭走行!
本当に気持ち良かった。
長男に感謝。家族に感謝です☆
副賞は、栃木県産の巨大梨☆にっこり(^ー^)v
なんと、三箱!!!
息子は、友達と遊ぶ約束があるとのことで、表彰式後は、急いで白河に直帰し、ゼッケン付けたまま走って遊びに出かけました(笑)
#TimeToPlay #suunto #zerofit #Salomon
#salomonrunning #formthotics #栃木遠征


優勝☆親子” に対して1件のコメントがあります。

  1. ゆ~ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    優勝おめでとうございます!
    ご都合が合いましたら、来年は是非ゲレンデ逆走マラソンにも参戦して下さい。
    大人と一緒にお子様も同じコースを走ります。
    キッズの部の表彰もありますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

four × 1 =