出雲遠征レポート!

出雲遠征、帰路です。
伊丹空港で、でっかいタコ焼き食べて福島空港行きの飛行機を待ちます。

島根県奥出雲町と雲南市で開催された第5回さくらおろちトレイルランレースに、ゲストランナーとしてお招きいただきました。

昨年の春、秋に続いて、人生3回目の神々の国、出雲へ。

今回もたくさんの実りある、御縁が無限大に広がる旅となりました。


レースの参加者は、昨年よりさらに膨れあがり、400人!!!

ランニング王国の広島県からの参加者もさらに増えているのが印象的でした。

ヤマタノオロチ伝説の地。
この里山のフィールドを活用した27km。
古道(昔の生活路、作業道)を蘇らせ、つなぎにつないだコース設定。

東日本とはまた違った、山陰地方の魅力的な美しい日本の田畑、山林は心にしびれました。

魅力あるマウンテンフィールドは日本百名山だけじゃない。

今、手を入れなければ、取り返しのつかなくなってしまう、里山の在り方。
少子高齢化ゆえに里山の在り方。

里山における動植物との共存、利活用、再生問題をひしひしと感じながら走りました。

ゲストランナー出演と言うこともあり、順位は対象外。
スタート!して、200m付近で、参加者の方々とハイタッチをして背中を見送ってから、ボクはリスタート。

さぁ!どこまで追い上げることができるか(^ー^)

途中、渋滞で10分ほどのタイムロスもご愛嬌♪

一人一人、声を掛けながら、会話も楽しみながら、追い上げて行き、気付いた頃には、トップ10!

最後のエイドからは、ロングスパートでもう一つギアを入れ直し、トレーニングモード全開。

ゴールは、全体で5番目となりました☆
何百人抜き?!笑v

先週の関山ポイント練習から、この1週間、疲労感が抜けきりませんでしたが、今朝になりストンと疲労感が抜け、先週のVK強化練習が見事にハマったようで、激登をほぼ走り通すことができました(^ー^)

自身のゴール後は、ゴールゲートに立ち、一人一人を迎え入れます。
一人一人にドラマがありますね!
達成感、安堵の表情、目頭が熱くなりました。

2日間、送迎から温泉~食事、何から何まで、、至れり尽くせりの完全サポート、マネージャーをしてくださった、島根県トライアスロン協会副会長兼強化委員長MORIさん☆
本当にありがとうございました!!

また、スタッフはじめ、島根県のトレイルランナーのみなさん、再会に大興奮しましたよ(^ー^)
ステキな時間をスペシャルThanks☆

※今回は、出雲大社にはよれず!(´▽`)ノ
明日からの1週間に備えて、奥出雲湯村温泉で、ゆっくりカラダを癒しました。

出雲のみなさん!
またお会いしましょう☆
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

seventeen + nine =