小野岳~中山~又見山!

Mountain Field impression!
会津那須越県ロングトレイル2019
今日は、夜明けから南会津郡下郷町の山々でした。
スタートして、前半部分となる山々。
『小野岳~中山~又見山』
標高約650mの大内宿から、まずはじめに、標高1,383mの小野岳に一気登り(標高差700mのバーティカル)。
ブナ、ミズナラ、ダケカンバが生い茂る豊さがあります。熊の生息は、下郷町で一番だと感じています(経験上…笑♪)
続いては『中山』
天然記念物「中山風穴地特殊植物群落」で有名ですが、約200万年前に地下から現れた火成岩で出来た山です。
風穴の周りは風穴の冷気によって、周囲の植生と異なる特殊な植物群落がみられます。なんと標高500mなのに1500mに生息する高山植物が群生しているんです。
約200万年前に出来た山。
『風が通る穴』はロマン溢れます。
地底人が居るかも…笑
続いては『又見山』
下郷町民体育館駐車場奥左手から入山します。
もともと、中山も又見山も、登山道があったわけではありません。
登山地図には、掲載がありません。
そう!地元の方々がここ10年で切り開いた登山道(里山)です。
日本百名山だけが、日本が誇る山々ではありません(^_^)
地元の方々が、毎日、見上げる、手を合わせる里山。四季をともに過ごす里山。
手を入れないと無くなってしまうであろう、山々(里山)をボクたちトレイルランナーが寄り添うことにより、地域(地方)を、人の心を豊かに出来るかもしれませんね。

ラストは、下郷町の猿楽蕎麦!
作付面積は、日本一☆
腹ペコで、特盛りです(^_^)♪笑
#会津那須越県ロングトレイル
#TimeToPlay #salomonrunning #SUUNTO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × three =