感謝の南会津

【ご報告】3月31日付
南会津での職を辞しました。

2年間の南会津での生活。
マウンテンライフ。

まだまだ長い人生、私たちmafuファミリー、Mt.mafuライフスタイルにとって、この2年、大きな大きな掛け替えのない時間でした。

南会津で過ごした2年間。
10年分ぐらいを凝縮させたような、全身全霊の日々でした。
日々 “これでもかっ!” ってくらいに南会津を抱きしめて、欲張りました。

昨年の晩秋から約3ヶ月、深く人生を考える時間を与えていただきました。

神様から、どこからともなく、次のステップへのパスポートとも言える “生きる上での課題” を与えていただきました。

生身の生き物ですから、少しばかり、震えたり、悩んだり、考え込んだり。

武者震いもしたり、そんな葛藤の日々がありました。

だから人生はオモシロいんですね。
38年間、今までで最大規模、最大級の “山場” を目の当たりにしました。

この人生と向き合った時間。瞬間。
人として、アスリートとして、私を成長させてくれました。

南会津の方々は、本当に心が温かかった。

次のステージは、ふるさと。
福島県:県南地方(白河市、西白河郡)。

『故郷をオモシロく出来ないヤツは、福島県をオモシロく出来ないぞ。』

『故郷の今を知らないヤツは、福島県を語れないぞ。』

最終的にいただいた、そのひと声に『ハッ!』としました。

次のステージへ出発!です!
mafuファミリーで出発です。

人生は、ステージレース。
福島県のステージをボクは走り続けます☆

南会津のみなさん。
2年間、大変お世話になりました。
本当に、かけがえのない時間でした。
南会津とのご縁が切れたものではありません。

福島県はひとつしかない。
福島県のフィールドはひとつ!
総合的なタイミングは、今、まさにやってきた。

すべての出来事、物事に感謝です(^ー^)
謙虚にダイナミックに精進いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

13 − eleven =