東北地方太平洋沖地震

2011年3月11日午後2時46分頃に発生した国内観測史上最大M9.0東北地方太平洋沖地震。

地震発生から3日が過ぎました。
mafu-blog +山と魂+-地震2
この建物内で業務にあたっておりました。
地震発生の30分前には、卒業式に向けた最終打ち合わせの会議が、ペシャンコの二階で行われていました。

会議が終わり、教職員が教室から出払ったあと。
主担当課、イベント裏方の主担当者として、会議後の資料を回収しようと、二階の教室に再びあがろうか、、、それとも、忙しさのあまり取り損ねた昼食を買いに外に出ようか。

とりあえず、会議を終えホッとひと息つきたくて、喉を潤そうと別棟の自動販売機に飲み物を買いに行こうと、この建物から出た瞬間に地震は起きました。

その場に立っていられない、地面が割れるような揺れ。

飲み物を買いに外に出ずに、この校舎の二階に上がっていたら…

本当に危機一髪でした。
mafu-blog +山と魂+-地震1
http://www.fukushima-college.ac.jp/

幸いにも、学生は春休み中。

ほぼ教職員のみの学内であったため、学生への被害は出ませんでした。

いつもmafu-blogに遊びに来てくださる皆様。
ご心配いただきました皆様。
私は無事です。家族もみな無事です。

ライフラインがストップしている福島市。
家族はとりあえず実家(西郷村)へ避難。

私は単身、福島市に残り、大学での業務にあたっています。

ようやく電気も一時的かもしれませんが復旧し、記事をUPできました。

これから、やるべきことはたくさんあります。
私にしかできないこともあります。

カラダが元気な身としては、しばらくは、全身全霊で、カラダからあふれ出す超持久的エネルギーをランニングではなく、被災された方々含め、復旧作業のために全力で挑みます。

私が働く環境・仕事は、「夢を育む場所」。

自身の家族ももちろん心配ですが、たくさんの親御さんからお預かりしている学生たちのためにも、全力で復旧に挑みます。

「夢」を抱いて卒業を間近に控えた卒業生。
これから「夢」を抱いて入学しようと希望の光を灯し始めた新入生。

卒業生を送り出す側、新入生を受け入れる側が元気がなくては、なにも始まりません。

私なりに、ただ全力で、駆け回ります。
全力で復旧作業に走ります。

しばらくは、本当のランニングはお休み。
復旧のためのランニングに全力を注ぎます。

ライフライン、電気関係も一時的かもしれませんがつながり、ようやくニュースを目にし始めることができました。

どうしていいのかわからない、様々な不安が、次々と浮上してきます。

家族。仲間。福島県。
今後、どうなるのか。
どうしたらよいのか。

とにかく一歩一歩、進むしかありません。

一日一日、一歩一歩。
+山と魂+ mafu

東北地方太平洋沖地震” に対して11件のコメントがあります。

  1. PAT より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家族共々、みんな無事でホント良かった!

    まだまだ、余震が続いてるから気をつけて!

    生きていれば、なんでもできる!

    頑張ろう!

  2. 粒平 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    mafuさんもご家族のみなさんもご無事でよかったです!
    隣の県にいるのに何もできなくて、もどかしいです…
    頑張っている方に言えないのですが、こんなことしか言えません。

    頑張ってください!!そして、どうかお気をつけて。

  3. emigon より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今年こそmafuさんファミリーと会えると思って、ずっとずっと楽しみにしていましたし、お父さんとも去年のOSJ志賀で仲良くしていただいていましたので、他人事でなく毎日毎日本当に心配でファミリーの顔を思い浮かべながら無事を祈っていました。

    mafuさんのパワーが福島を東北を元気にする源になりますので応援しています。

  4. つっちー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ご家族のみなさんも無事で一安心。
    福島の被害も相当ひどかったのでとても心配してました。
    国体時代の友人・知人も金曜日は全く連絡取れず不安でしたが土曜日くらいから返事がきました。
    停電してる場所では携帯も充電きれたりするだろうし。
    寒いし。暗いし。大変だけど

    今こちらにいる私たちができることは
    周波数?は違うけど節電・募金・献血くらい。。
    普段は超貧血で薬飲んでてもヘモグロビン11あるかないか・・なんやけど成分献血に挑戦してきました!
    奇跡的にできてよかったよーー。

    車関係に勤めるしん(相方)は部品が届かず今週いっぱいまるっと休みになりました。
    できることなら手伝いにいきたい・・と言ってますがまだ行っても何もできないよね。
    一日も早い復興をを祈ることしかできませんが、余震などに注意しながらがんばってくださいね。

  5. 会津おどっこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    校舎倒壊のニュースを見てから心配してました。 ご家族皆、無事で何よりです。 しかしmafuさんのいる市内は食料も、燃料も足りてないのではないでしょうか。 どうか大変な時こそ、ご自分の体調管理をないがしろにしないようにして下さい。 自分に元気がなければ周りに元気を与えられないですからね!

  6. +mafu+ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    PATさん
    お言葉ありがとうございます。
    生きていれば、なんでもできる!ですね。
    まだまだお互い充分に気を付けましょう。

    粒平さん
    お言葉ありがとうございます。
    「がんばる!」大きな言葉です。
    これしかありません。
    全員が被災者。がんばりましょう!

    emigonさん
    お言葉ありがとうございます。emigonさんのブログも拝見しました。励ましのお言葉本当にありがとうございます。もっともっと凄まじい状況下にいる方々がたくさんいます。
    私はまだまだ元気です。
    必ず、また会えますよ!!!

    つっちーさん
    お言葉ありがとうございます。
    一人一人の支えあいですね。遠く離れた場所でもこうやって皆さんとつながりあっていることが本当に心の支えになります。
    お互い、まだまだ充分に気を付けましょう!!

    会津おどっこ
    お言葉ありがとうございます!!
    私たちは元気です。同じ福島県内でも場所によっては本当に想像を絶する危険性があることに心配ですね。おどっこさんも健康には気を付けてください。そして、奥様も。お腹は大丈夫でしょうか?心配です。
    また一緒に走れる日を夢見て復興にあたります。
    「自分に元気がなければ周りに元気を与えられない。」とても大きな言葉です。
    私自身の元気を保てるように、体調管理には充分に気を付けながら生活します。

  7. LONZAJAPAN NAKAMURA より:

    SECRET: 0
    PASS:
    よかった。無事そうですね。引き続きお気をつけて。

  8. +mafu+ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    LONZAJAPAN NAKAMURAさん
    ご心配本当にありがとうございます!!
    メールもありがとうございます。なんとか無事でした。中村様も十分にお気をつけて生活してください!!

  9. ふわちぃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    福島はライフライン完全復旧しましたか?
    船引は大丈夫でした!
    かっちゃんたちが居てくれて、心強かったです。
    実家は家が基礎から沈んでしまったところがあり、少々不安ですが、原発の問題で避難させてもらっています。

    余震はしばらく続きそうですが、本当はみんなに何かしたい気持ちでいっぱいですが、今は自分がやれることをやり、少しでも明るい話題を周りに提供出来るようにしたいと思います。

    私よりmafuさんは、ずーっとずーっと大変苦労されてると思います、どうか無理をしないように。

  10. +mafu+ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ちぃちゃん
    避難中で大変な状況の中、コメントありがとうね。「少しでも明るい話題を」大切なことですね。こんな状況下で、みんなが不安でいっぱいな中、なかなか言える言葉ではありませんね。優しいママで、強いママだね。
    またみんな笑顔で会える日を楽しみにしているよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 8 =