2020年の走納は…

2020年の走納
『百八煩悩☆修行走』
白河市の羅漢山霊園 "140段" の階段にてチャレンジ。
累積標高1,520mD±
総距離total:15km
・のぼり140段=54本
・くだり140段=54本
(合計108本)2時間55分50分
長男のBike練習を見送った後、am7:30に単独スタート。気温は氷点下5℃。
限られた時間の中での108本。
のぼり54本&くだり54本を併せた108本。
所要時間と距離と本数だけを見たら、大したことはないだろう。
でも、昇りも降りも爪先までの全集中。
リカバリーは、ゼロに等しい。
登りきったら、毎回、膝に手をついて、肩で息するペースで駆け上がること。
3秒後には、すぐに降りること。
くだりきった後は、紙に『正』を一筆入れたらすぐスタートをすること。
たった3時間でも中身の質を上げました。
限られた時間の中での"無理/無駄/ムラ"のないチャレンジに仕立てました。
それなりにキツかった。
2020年を振り返ることが出来ました。
家族や仲間、自身、そして仕事を含め、公私のこの一年を振り返り、また来年にどうつなげるかを深く考えたり。
希望と感謝と、そして、悔い改めること。
一年の懺悔(ざんげ)と言ったら大げさかもしれませんが、この歳になると、立場的にも"内面"にベクトルが向きます。
生かされていると感じるがゆえに。
*自問自答喚問*
・意図せずではあるが、他人を傷つけてしまったことはなったのかい?
・その言動や行動は本当に相手を考えて発せられたことなのかい?
・出来たのにやらなかったことはなかったのかい?
・最善策を本気で練った上での行動なのかい?
・先入観で物事を見てしまったことはなかったかい?
ちょっぴりストイックに。
自問自答喚問。
ひとつでも、もしかしたら…
があるのなら、チカラの限り駆け上がり、来年の課題に結びつかせよ。反省せよ。
たった3時間でも、呼吸を荒げながら、ココロ清らかに問いかけ、気を高める時間でした。
ラスト5本は、Bike練習を終えた、長男(ファミリー)も合流。
もう出しつくした、力はもう出ないと思っていたチカラが、出るんだなこれが。
あらためて、生かされている、この感覚をキャッチすることが出来ました。
2020年、みなさん本当にありがとうございました(^_^)☆☆☆
2020年も大きな大きな一年でした。
Mt.mafuライフスタイルをご支援、ご理解いただいておりますスポンサー企業のみなさまはじめ、mafu-blog、facebook、Instagramに足を運んでくださった皆様との出逢いを心より感謝申し上げます。
Special☆Thanks!2020(^ー^)v


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − 6 =