尾瀬国立公園マウンテンマラソン2021

尾瀬国立公園マウンテンマラソン
*18km 800D+ *8th* 1:37'00"

群馬県片品村尾瀬でのレース。

戸倉スノーパークから、尾瀬の南に位置する富士見田代まで片道9kmをひたすら駆け登り、折り返したら、一気に駆け降りてくる往復18kmのシンプルなマウンテンマラソン。

昭和30年代までは、尾瀬へ向かうメインとなる入山口は、戸倉~富士見田代が主流だったそうです。

折り返しとなる約500mの木道区間では、尾瀬のマナーを知ってもらえるようにと"歩行区間"も設定されたり、携帯トイレも必携品であったりと、山岳地帯におけるマナーにも目線が向けられたマウンテンレース。

これがまた良い感じのリカバリーな空間。

同じ道を行き来するピストンコースなので、ランナー同士すれ違いもあり、コミュニケーション豊かな空間。

プロデューサーは…
地元片品村出身で、同じくSalomonアスリートとして活動する星野和昭くん。

マウンテンスポーツを活かした精力的な過疎地域振興の目線は、マウンテンスポーツに育まれた心あってのイズムですね。

スタート前に、そんなイズム溢れる彼からマイクを渡されたら…

大会コンセプトの尾瀬に『また来たい。』にプラスアルファが舞い降りて来て…

『また来てほし~の~(星野)☆』が生まれました笑

そんな彼の想いが詰まった遊び場で、久しぶりのレースを楽しませていただきました!

様々なスイッチが入った時間を本当にありがとうございました!

出逢い、再会、ありがとうございました!

#TimeToPlay #salomonrunning #suunto
#zerofit #spocolla #NewHale #salomon
#尾瀬国立公園マウンテンマラソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eighteen + nineteen =