塩那スカイラインロードレース UP500m 塩原大会

塩那スカイラインロードレース
UP500m塩原大会17km*8th 1:16'25"*

一気に標高差UP500mの距離8kmを駆け登り、一気に駆け降りてくるシンプルな峠走レースです。

尾瀬マウンテンマラソンから中2日での参戦となりました。

右足ふくらはぎの具合が良くなくて、足首の可動域が限られてしまい、、、

登りはジョグでガマンがまんの走りでしたが、折り返してからのくだり坂では、それほど足の違和感を気にすることも少なくなり、かっ飛ばし走!笑

三人ぐらい、抜き去り、その惰性でゴールに飛び込むことが出来ました(^ー^)

完走賞は、塩原ダイコンとカブ☆

浪漫あふれる"道"を紅葉🍁真っ只中の空間で楽しませていただきました。

ショートレースをここにきて2本!笑
来シーズンの作戦タイム?!
そんなモノ想いも膨らみながらのランニングでした。

*えんなスカイライン*
栃木県の塩原温泉と那須板室温泉を結び山岳地帯を縦貫する予定だった「塩那スカイライン」
※昭和30年代後半の構想。

歴史を調べてみれば、平均標高1,000m以上の山並みの稜線を縦走する道路で、最高地点は標高1,700m、麓からの高低差はなんと1,100mを一気に駆け上り総延長は65kmの山岳道路の建設構想があったんですね。ロマンあります。

その発着点となる、塩原温泉側と板室温泉側からは、それぞれ距離にして約8km・標高差約500mが、舗装道路になっています。

それぞれ8kmから先はバリケードが設置されていて、一般的には立ち入ることができませんが、間の50kmほどは、オフロード(林道)で貫通はしているんですね。

まじまじと、地図を眺めてしまいました笑

実は、板室温泉登山競走の前日には、板室温泉側から、この塩那スカイラインを行き止まりまで、一人黙々と駆け登りました♪
次は、板室大会もあるのかな?笑

日光国立公園~那須連峰かいわいには、こういった歴史と歴史、地域と地域、温泉と温泉がつながっていた"道"トレイル"が溢れていますね。

会津田島と板室黒磯がつながっていた、本当の"会津那須越県ロマントレイル"もあります(^ー^)☆

より『日光国立公園~那須連峰~連山』が、このフィールドが好きになった時間と空間、仲間でした(^ー^)☆

ありがとうございました!

#STRIDE_LAB_NASU
#TimeToPlay #salomonrunning #suunto
#zerofit #spocolla #NewHale #salomon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

one × three =