チューニング。

おはようございます。
今朝は、Tuning!NordicWalkingです。
レース直後、興奮を冷ましながら、少し心身に疲弊を感じるときは、ポールを持って積極的に歩きます。けして走りません。
次の目標、夢へ向けて、ココロ•カラダ•アタマのチューニングです。
速すぎず遅すぎず、1秒間に2拍~3拍ぐらいのリズムで、足を進めます。
4月からライフスタイル環境が変わり、精神科を専門とするクリニックで働いています。
自分のスポーツスキルと、働かせていただいているフィールドとをオモシロくフュージョン(融合)できないか、日々模索しながら、新分野の勉強、理事長・ドクターの書物を読み返していますが、程度にもよりますが、精神疾患時におけるノルディックウォーキングを取り入れることへの可能性を大きく感じています。
社会生活や精神活動に重要な役割を果たす、脳内神経のひとつ “セロトニン神経” にノルディックウォーキングのリズム(1秒間に2拍~3拍ぐらい)がよく反応してくれるものと学び取りました。
みなさん、少しだけ世の中に疲れてしまったとき。
食べる、呑む、買う、寝る。だけではなく!
速すぎず、遅すぎないスピードで、ノルディックウォーキングを取り入れてみるのもよいかもしれませんよ(^ー^)v
さぁ!朝食、牛乳イッキして出勤です☆
火曜日、笑顔で元気にいきましょう(^ー^)
日本ノルディックフィットネス協会
ベーシックインストラクター 眞舩孝道


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen − 14 =