準優勝で走り納め2020

チームMt.mafuの2020走り納め!
ファミリー部門『準優勝』でした(^_^)☆
一周2.5kmの起伏に富んだトレイルを3時間で何周できるか!耐久レース!
タスキをつなぐリレーマラソン大会です。
チームMt.mafuは、10周できました。
ファミリー部門に参戦でしたが、小学生以下はまだ一人では出走させられないルール(無論安全確保の為)とあり、必然的に、基本パパが3時間を走り続けて(笑)その何周目かに長男カッツが並走するチーム作戦で挑みました。
(タイミングを見てママと二男も出走☆)
一区は、カッツ主導でパパとスタート。
ファミリー部門は、一般部門と男女混合部門スタート後の最後にスタート。
はじめてタスキを掛けたカッツは、気持ちも高ぶったのか、前部門のランナーをお越し、ハイペースで何十人も追い抜くナイスラン激走。
(並走?いや、、追走する私は、このあと3時間を走ることを考えると到底このペースでは完全にオーバーペース笑)
※実は、伴走並走どころか、1区カッツのペースに食らい付くのが必至でした笑。
①13分44秒②16分14秒③15分12秒
④15分21秒⑤15分48秒⑥18分14秒
⑦21分09秒⑧16分52秒⑨17分19秒
⑩18分16秒【2時間48分09秒】25km☆
※出走内訳
①カッツ&パパ
②③④⑤パパ
⑥カッツ&パパ
⑦カッツ&ママ
⑧⑨パパ
⑩カッツ&パパ
(この他、ママ&二男ユウが一周あり)
パパ一人で9周走ったなんてヤバー!
ってカッツ言ってましたが、、、
小学生で合計4周(10km)を平然と走ってたキミはもっとすごいよ笑(^_^)vv笑
親バカです笑
さすがに大人数を揃えた中・高・大学生?を要するファミリーチームにはトップの座を取られてしまいましたが、それでも価値ある準優勝でした☆賞品もた~くさん☆
山を走るのもスゲェ楽しいね!
ボクはぜんぜん苦しくなんかないよ。
ボク全部走り通せるよ。パパ歩いたよね?
パパ、ラスト一周だぞ。集中力。
夕飯は焼き肉だって!頑張れ!
息子から、掛けられた言葉が脳裏に焼き付きます。小6の成長ある言葉でした。
不整地(トレイル)でのランニング。
アスファルトやトラックとは違い、足腰関節への直接的な痛々しい衝撃は皆無に等しく、成長期のジュニア世代には、カラダに優しいですね。
また、大自然を感じフィールドの形状が次々と移り変わり行くアドベンチャー的な要素は、まさにココロを育む一助となります。
気がついたら10kmも走ってた(^_^)
そんな時間と空間がありました。
トレイルランニングの魅力ですね!
大会運営に当たりましては、充分な感染症予防対策を講じた運営をスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

3時間耐久トレイルリレーマラソン
パパもママも長男も二男もタスキを繋ぎました!

ママは元都大路ランナー(全国高校駅伝)☆

足元は、もち
ろん『Salomon』
私たち "mafuファミリー" にとっても、一生忘れることが出来ない良き一日になりました(*^^*)
Life with TRAIL☆Life with Running!
#salomonrunning #timetoplay #suunto
#zerofit #Mt_mafu_project #ライスピュレ
#第1回茂呂山トレイルリレーマラソン
#STRIDE_LAB_NASU協賛


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eighteen − fifteen =